専業主婦でも手軽にできる債務整理

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産などがあります。この中で最も思い手続きが自己破産です。自己破産をすると、借金がゼロになるという大きなメリットに対しデメリットも発生します。車や家などの高額な財産が没収されてしまう、国が発行している機関紙の官報に名前と住所が掲載されてしまう、金融機関のブラックリストに掲載されてしまうなどが主なデメリットです。金融機関のブラックリストに掲載されると、自己破産後数年間は一切カードローンなどの借り入れができなくなってしまいます。ですので、自己破産しか方法がなくなってしまう前に任意整理をして生活を立て直すということが大切です。任意整理は、借金を過払い金請求などをして減額させ、新たに計画を立てて3年くらいかけて返済していくという手続きです。過払い金とは、貸金業者から借り入れをする際の金利が利息制限法で定められている上限の利率を上回っていた場合に生じるもので、その上回った分は本来支払う必要のないお金なので返還請求をして取り返すことができます。それを過払い金請求と呼びます。高額な過払い金が生じていた場合、借金が減額されるどころかプラスに転じて利益になることもあります。任意整理の手続きの一環として手続きをすることもできますし、過払い金請求のみをすることもできます。その貸金業者にまだ債務が残っている場合でも完済した場合でも手続きが可能です。専業主婦でも手軽にできる手続きですので積極的に利用して借金問題を解決しましょう。そのためには、代理人となる弁護士を探すということから始める必要があるので、まずは法律相談の予約を行いましょう。直接法律事務所に問合わせても良いですし、弁護士会や自治体が行っている無料法律相談会などに参加してみるという方法もおすすめです。