他社借り入れがある場合のカードローン審査

カードローンを利用する場合には、当然のことながら厳しい審査に通過しなくては融資してもらうことはできません。そして借入を行うには銀行と消費者金融の2つがありますが、消費者金融を利用する場合には総量規制にも気を付けなくてはなりません。

総量規制とは借金によって破産してしまうことを防ぐ為に作られた法律で、これは年収の3分の1以上の融資をしてはならないといった法律になります。

ですので年収が300万円の方は100万円以上の融資を受けることができないのですが、これは1社ごとで計算されるのではなく、今現在借入れている全ての合計によって計算されてしまいます。

そもそも申し込みをしたり、借入をした場合には信用情報機関にその情報が登録されて、各金融機関が共有することとなりますので、その情報を基に借入れている金額なども知られてしまいます。

ですので他社からの借入がある場合には、総量規制の条件に引っかかってしまい、融資を受けることができない場合がありますので注意してください。

ただし上記でもお伝えした通り、気を付けなくてはならないのは消費者金融の場合になります。これはなぜかといいますと、この総量規制は銀行では適応外となっているからです。

ですので消費者金融では年収の3分の1以上になるといった理由で審査に通らなかったとしても、銀行では審査に通る可能性もあります。

とはいえ、やはり年収の3分の1以上の融資を受けるという事は、それだけ生活にも負担が大きくなりますので、しっかりと計画を立ててから利用するようにしてください。