借入があっても借りれるカードローン

カードローンを利用する際に注意したいのが総量規制です。総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れがすでにある場合に、それ以上お金を借りることができないようにする法律です。借金によって人生を台無しにしてしまう人を少しでも減らそうとするために制定されている法律ですが、総量規制の対象外となる金融機関もあります。それは銀行系のカードローンです。消費者金融でキャッシングを利用する場合、すでに他社からの借入が多いと、総量規制によって審査で落とされてしまいますが、銀行は対象外となるために融資してもらうことができる可能性もあると言うわけです。ただし、注意しなければならない点もあります。いくら総量規制の対象外だからと言っても、収入によっては、審査で落とされてしまうこともあります。むしろ、審査に通らない可能性の方が高いと言えるかもしれません。ですので、銀行系だから大丈夫だと過信するのはやめておきましょう。また、年収の3分の1以上お金を借りるという事は、カードローンにおいてはすでに目一杯借りてしまっていると言って良いかもしれません。住宅ローンなどとは違い、非常に金利が高めに設定されておりますので、年収の3分の1以上の金額を借りてしまえば返済が困難になってしまうことも考えられます。毎月利息だけを支払うような生活になってしまえば、一向に元金が入らない状況に陥ってしまいますので十分に注意しなければならないでしょう。